エントリー

  • 2018/01/11

思いやりの連鎖

1年生が生活科で封筒を作っていました。夏に自分たちで育てたアサガオから種をとり、その封筒に入れて新しい1年生にプレゼントするそうです。1年前には、自分たちが今の2年生からそうしてもらったのだと思います。思いやりの連鎖がうれしかったです。

IMG_9521.jpgIMG_9524.jpg

2年生の書写(書き方)で硬筆の書き初めです。誰も一言も喋らず、静寂の中で書いているのがすばらしかったです。隣の学級は3学期のめあてを書いていました。文章ができた子は色を付け、きれいに仕上げました。残る2学級はどちらも図工でした。「まどをひらいて」という単元で、カッターナイフの使い方を練習しました。見ているこちらが指を切らないかとはらはらしますが、指を切らないようにきちんと指導するということも一方では必要だと感じました。

IMG_9532.jpgIMG_9533.jpg

IMG_9525.jpgIMG_9526.jpg

IMG_9543.jpgIMG_9545.jpg

IMG_9535.jpgIMG_9538.jpg
今日の給食はご飯、牛乳、麻婆豆腐、春雨とひじきの和え物、みかんでした。麻婆豆腐は約100~150年前(清の時代)に四川省で生まれた料理で、正式には陳麻婆豆腐というそうです。陳(ちん)は人の苗字、麻は顔のあばた(天然痘の痕)の意味で、そのまま訳すと、陳さんのあばたのおかみさんの豆腐料理ということになります。陳さんの奥さんは顔にあばたがあったものの気立てのよい人でした。その奥さんが、貧しくて材料があまりない中でも、来客のためにあり合わせの材料で作ったのが麻婆豆腐の最初だと言われています。麻婆豆腐は学校給食ではそれほど辛くありませんが、中華料理店で食べると四川料理ならではの辛さが燃えるように口に広がり、一口食べただけで注文したことを後悔することもあります。しかし、名前の由来を知ると、ほっこりと温かい気持ちになります。

IMG_9551.JPG

関連エントリー

  • 関連エントリーはありません。

ページ移動

ユーティリティ

インフォメーション

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -