エントリー

  • 2017/12/08

学習効果を上げる

4年生が算数で分数のわり算を勉強しています。電子黒板は画面に書き込むことができるので、子どもたちの学びが広がっていきます。また、隣の学級は学級活動で、学期末に行う学級レクレーションについての話し合いです。選挙権年齢が18歳に引き下げられたときに、世間では主権者教育はできているかと懸念されましたが、学校にはこういう地道な積み重ねで、民主主義を尊重する国民を育てているという自負があります。

IMG_8641.jpgIMG_8643.jpg

IMG_8646.jpgIMG_8647.jpg

昨日東京オリンピックとパラリンピックの公式マスコットの候補昨が3つ発表されました。本校では体育委員会が中心になり、各学級で電子黒板に候補作を提示し、全員が投票用紙を使って投票します。それを集計して「学級ごとに1票」と報道されているように、学級の候補を決めます。今日はさっそく5年生が投票していました。(来週投票する学級もあります)

IMG_8650.jpgIMG_8651.jpg

6年生が算数の組み合わせの勉強です。これは中学校で勉強していた内容が小学校に降りてきました。計算ではなく、表にかいたり、樹形図を使ったりして組み合わせの数を調べました。

IMG_8654.jpgIMG_8655.jpg
今日の給食は麦ご飯、牛乳、ちくわのカレー揚げ、蓮根きんぴら、かき玉汁でした。ちくわの歴史は古く、資料によっては弥生時代や古墳時代という言葉も出てくるほどです。魚の身をすりつぶして竹の棒などに塗り固め、焼いたところが蒲という植物の穂に似ているところから、「蒲の穂」→「かまぼこ」と呼ばれるようになりました。その後、竹の棒ではなく木の板に塗って焼く、または蒸す製法も現れました。板に塗ったものが「板かまぼこ」、竹を使った方が「竹輪かまぼこ」と呼ばれ、やがて板かまぼこは「かまぼこ」、竹輪かまぼこは「竹輪」と名前を変えて現在に至るようです。竹輪がもともと見た目が蒲の穂だったから「かまぼこ」だったのに、由緒ある名前をあっさり譲ってしまいました。(著作権を侵害しない「蒲の穂」の写真がありましたので掲載します)

IMG_8657.JPGgamanoho.jpg

IMG_8659.JPG

関連エントリー

  • 関連エントリーはありません。

ページ移動

ユーティリティ

インフォメーション

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -