エントリー

  • 2017/12/05

授業をがんばっています

3年生が国語で三年とうげを勉強しています。物語を読み取ることと、味わうことの両方ができるようになります。

IMG_8499.jpgIMG_8501.jpg

5年生が道徳をしていました。机の上に青色と黄色の紙コップを置いて自分の気持ちを表します。話し合いをするうちに青・黄の色が変わっていくことで、子どもたちの葛藤が表れたり、考えが深まったりします。

IMG_8495.jpgIMG_8496.jpg

6年生が図工で版画を作っています。彫っている子も刷っている子も、自分の作品に心を込めて完成を目指します。

IMG_8489.jpgIMG_8491.jpg

  • 2017/12/04

床を磨いて心を磨く

2学期終業式の日に大掃除が予定されています。今日は普通の掃除ですが、校内を回ると大掃除くらい一生懸命に掃除をしていました。

IMG_8466.jpgIMG_8475.jpg

IMG_8477.jpgIMG_8479.jpg

IMG_8482.jpgIMG_8486.jpg

IMG_8487.jpg
温風ヒーターも教室に運ばれています。

IMG_8484.jpgIMG_8471.jpg


今日の給食はご飯、牛乳、秋刀魚の銀紙焼き、肉じゃが、ブロッコリーのおかか和えでした。鰹節のことを「おかか」と言うのもいくつか説があるようですが、おおむね次の二つに集約されるようです。一つ目は、鰹節は、削るときにその端をひっかくように削ることから、「御掻き端(おかきは)」と呼ばれていて、それが変化しておかかになったという説です。もう一つは、平安もしくは鎌倉時代、宮廷に仕える女官たちは鰹節のことを「かか」と呼んでいましたが、この「かか」に「お」をつけて丁寧に言ったのがおかかの由来という説です。私見ですが、料理の一品として使われる時はおかかと言いますが、出汁をとるときにおかかという言い方はしないような気がします。今日の給食でも、おかかとブロッコリーの相性はとてもよかったと思います。

IMG_8463.JPG

  • 2017/12/01

火災避難訓練

5時間目に火災避難訓練を行いました。第1理科室から出火したという想定で、運動場に避難しました。その後、低学年は教室で防火のDVDを見ました。4・5年生は救助袋、6年生は消火器の訓練を代表児童が行いました。

DSC_0001.jpgDSC_0014.jpg

IMG_8441.jpgIMG_8443.jpg

IMG_8444.jpgIMG_8445.jpg

IMG_8446.jpgIMG_8452.jpg

IMG_8457.jpgIMG_8460.jpg

  • 2017/12/01

想像をふくらませて

1年生が図工で、折って立つ作品を作っていました。子どもたちの想像の世界が創造されます。3学級での授業です。また、音楽の鑑賞をしている学級もありました。曲を聴いて、情景を想像しました。

IMG_83962.jpgIMG_83982.jpg

IMG_83892.jpgIMG_83902.jpg

IMG_8417.jpgIMG_8421.jpg

 

風が冷たくなってきましたが、4年生が運動場でハードルの練習をしていました。タブレットで映像を記録し、跳び方などを確認するようです。

IMG_8430.jpgIMG_8422.jpg
4年生は消防署の見学で学んだことを、5年生は新日鐵住金やトヨタ産業技術記念館の見学で学んだことを、それぞれ壁新聞にまとめていました。

IMG_8413.jpgIMG_8414.jpg

IMG_8409.jpgIMG_84102.jpg

3年生の図工作品「ゴムのちからでトコトコ」が名札を付けて学年室に置かれています。個人懇談会の時にお披露目でしょうか。

IMG_8405.JPG
今日の給食はご飯、牛乳、鮭の醤油麹焼き、切り干し大根の炒め煮、芋団子汁、一口みかんゼリーでした。現在のように野菜の保存技術がなかった昔の人は、乾燥させることで腐敗を防ぎ、野菜を保存しました。その乾燥させた野菜を食べているうちに、生のときにはなかった効能に気がついたのではないでしょうか。この季節、山あいの地方に行くと軒先に柿がつるしてある家を見かけることがあります。また、椎茸は乾燥させることでおいしい出汁がとれるようになります。梅干しは、生では食べられなかった梅の実が食べられるようになります。昔の人の知恵に思いをはせながら、給食をいただきたいと思います。

IMG_8438.JPG

  • 2017/11/30

ひらめいたかな

2年生の教室を歩いていたら、図工の「ざいりょうからのひらめき」を作っている学級が2学級ありました。そして、図工の鑑賞で、友達の作品のいいところをまとめている学級と、生活科の「わくわくおもちゃランド」でおもちゃ作りをしている学級がありました。

IMG_8362.jpgIMG_8363.jpg

IMG_8364.jpgIMG_8365.jpg

IMG_8377.jpgIMG_8382.jpg

IMG_8372.jpgIMG_8374.jpg
今日の給食はきなこ揚げパン、牛乳、豚肉と白いんげん豆のトマト煮込み、チキンと根菜のサラダ(イタリアンドレッシング)でした。前に小欄で豚汁はぶたじるか、それともとんじるかと書いたことがあります。今日の主菜は豚肉料理です。ぶたにくと「ぶた」が訓読みされるのに対して、牛肉はぎゅうにくと「ぎゅう」が音読みされます。豚丼と牛丼、豚しゃぶと牛しゃぶも同様にぶたとぎゅうという読み方です。豚を「とん」と音読みにする希有な例はとんかつです。この場合の牛はどうなるかと言うと、ビーフカツとビーフが英語になってしまいました。あっさりかわされた印象です。鶏肉も、とりにく、とり丼と訓読みで仲間だと思っていたのに、チキンカツとこちらも英語になっています。さらに今日の献立では、「チキンと根菜のサラダ」とあるように、「チキン」だけでも独り立ちしたみたいです。

IMG_8385.JPG