エントリー

2018年02月23日の記事は以下のとおりです。

  • 2018/02/23

学校保健委員会

5時間目に学校保健委員会を行いました。5・6年生が参加し、「心ほぐし ~『ポカポカことば』でやさしさアップ!」というテーマで、スクールカウンセラーの松井先生に話をしていただきました。先生たちの迫真の演技や、グループでの話し合いも交え、言葉と心について考えました。準備や片付け、運営に保健委員の子たちが活躍しました。

IMG_1523.jpgIMG_1527.jpg

IMG_1529.jpgIMG_1538.jpg

IMG_1540.jpgIMG_1548.jpg

IMG_1551.jpgIMG_1552.jpg

  • 2018/02/23

授業風景

1年生の図工でコロコロゆらりんが進んできました。本体を作っている学級や色紙やマジックで飾り付けをしている学級がありました。

IMG_1465.jpgIMG_1469.jpg

IMG_1470.jpgIMG_1475.jpg

IMG_1491.jpgIMG_1494.jpg

IMG_1499.jpgIMG_1506.jpg

3年生が体育で表現の授業です。体の動きで何を表しているでしょう。

IMG_1479.jpgIMG_1483.jpgIMG_1486.jpgIMG_1487.jpg
今日の給食はご飯、牛乳、肉団子の甘酢あんかけ、小松菜のナムル、ピリ辛汁でした。辛い物には、唐辛子やわさび、こしょう、塩などいろいろありますが、唐辛子の辛さだけは数値で表されます。唐辛子に含まれるカプサイシンという辛味物質の割合を測定したスコヴィル値(正式にはスコヴィル辛味単位 Scoville heat units/通称:SHU)で表示することができるのです。日本で一般的な「鷹の爪」は約4,000〜5,000SHUで、タバスコソースは約2,500〜5,000SHUと辛さに幅があります。スナック菓子にも使われる「ハバネロ」は、約350,000SHUで、世界最高の唐辛子は「キャロライナ・リーパー」(別名:キャロライナの死神)で、約3,000,000SHUです。これは、素手で触るだけでヤケドをし、飲み込んでも胃の中に残り続け、種ごと食べると過呼吸で死亡する可能性があると言われています。死神の名にふさわしい辛さです。これだけ分かっているということは、食べた人がかなり(ある程度)いるということでしょうか。

IMG_1511.JPG

  • 1