エントリー

2017年11月14日の記事は以下のとおりです。

  • 2017/11/14

学習に集中

先週土曜日に大きな行事を終え、今日から気持ちを新たにして子どもたちは授業に臨んでいます。

2年生が算数で九九の勉強です。8の段を使って計算をしました。

IMG_7773.JPG

3年生は国語で「ちいちゃんのかげおくり」を勉強します。作品から子どもたちなりの感じ方をするのだと思います。

IMG_7769.JPG

6年生の国語は「『鳥獣戯画』を読む」の勉強です。作者の高畑勲は知っていた子もいると思いますし、おおぶっ子発表会の6年生のテーマともつながっています。

IMG_7766.JPG
今日の給食は麦ご飯、牛乳、ビビンバ、ワンタンスープ、みかんでした。ワンタンと餃子は皮も中身もよく似ていて、どちらもほぼ同じ材料で作られています。皮については、ワンタンがスープに入れてほとんど噛まずに食べられるくらいうすく作られているのに対して、餃子の皮は水餃子も焼き餃子も皮のモチモチ感や焼いた時のパリパリ感を出すために厚めに作られます。中身の具については、ワンタンはスープに入れるため具にあまり味をつけませんが、餃子は焼いたりしてそのまま食べることから、具にもそれなりの味や風味が付けられています。これらのことから、ワンタンと餃子はほとんど同じだが、皮も具も少しずつ違うと考えることができます。しかし、両方とも皮と具しかないので、皮と具が違えば全く違う食べ物という結論を導くこともできます。ただ、学校給食では具の入ったワンタンはほとんど出ません。かき混ぜたりしているうちに皮が破れて具と分離してしまうからでしょうか。皮だけ入れたスープでも「ワンタンスープ」と呼ばれるのに対して、餃子の皮だけ焼いて「餃子だよ。」と言って出すと、詐欺または嘘つきと呼ばれます。

IMG_7776.JPG

  • 1